• ホーム
  • ダイエット中のお茶の摂取、お腹にいい?

ダイエット中のお茶の摂取、お腹にいい?

2019年09月22日
お腹の脂肪を心配する女性

ダイエット中にお茶を飲むことで、お腹の満腹感をごまかすということはよく言われています。
空腹になると何かおなかに入れたいと思うのがダイエット中の切実な願いですが、特に就寝前や、寝起き直後の食物の摂取はダイエット中には禁忌だと言われています。
そんな時にお茶を飲むことで、就寝前の空腹感をいやしたり、起床後であれば、胃を起こす、という意味で寝起き初の刺激を与えるいいチャンスとなります。
ただ単に「お茶」といっても、効果的なのがハーブティの類です。
香りをかぐだけでも十分なリラックス効果があり、空腹感を緩和してくれます。
おなかがすいたと思っていた就寝前でも、ハーブティーを摂取することによって空腹感が満たされ、あまり胃に負担もかけずに就寝へと導いてくれます。

また、冬場に限らず、夏でも朝一、寝起きの体温は冷え切っています。
そんな時に朝起きて、温かいお茶を一杯飲むことで、胃や体を起こし、体温を上げ、結果、新陳代謝をよくする、という働きも見逃せません。
体を温めるだけで、熱量消費の手助けをするので、体は活発になりますし、意識せずとも燃焼しやすい体つくり(環境)を整えてくれるのです。

ダイエットとはいいつつも、結局はお腹の動きに敏感になる以上に効率的なことはないのかもしれません。
摂取したものを効率よく、また無駄なくそして過剰にならない程度に体に取り込むには胃の働きを整えてやることが第一とも言えるでしょう。
そういった意味で、就寝前の暴飲暴食を防ぎ、起床後の体と共に胃も起こしてくれる、お茶の力、なかなか侮れません。
「ダイエット」をはじめなきゃと難しく考える前に、一度「空腹のときはお茶を飲む習慣をつけようか」くらいの軽い気持ちで考えるのもいいかもしれません。

関連記事
医薬品を使った肥満治療法とは

世の中には多くのダイエット情報があふれていますが、中でも飲むだけでダイエットができる医薬品は多くの人が待ち望んでいます。現実に、ダイエット薬というものは存在します。満腹中枢に作用して食欲を抑える効果がある薬や摂取した脂肪分を体に吸収させずに排出させる薬などです。一部は保険適用ができますが、糖尿病を併

2019年09月05日
肥満治療は食事での減量が一番効く?

最近は夏に向けてダイエットを始める人たちがとてもたくさんいます。海やプールで水着になる機会がある人は特に一生懸命減量に励むことでしょう。痩せているにもかかわらず減量をする一方で、肥満であるにも関わらず偏った食事をとり続けてさらには運動不足でどんどん肥満になっていく人も大勢います。ある程度ぽっちゃりし

2019年08月19日